初日に大切なマナー

アルバイトの採用が決まって、最も大切なのが初日のマナーをきちんと守るという事です。初日はこうして来て下さいなんて、ひとつひとつ細かく言われるなんて事はありません。ですから、自分自身で判断をしなくてはいけませんが、どのような点に気を付ければ良いのか分からないという人も多いいようです。

まず、一番大切なのが遅刻はしないという事です。電車などの遅延も考慮して、初日はおおよそ10分前に着いておくと安心でしょう。ここで大切なのが、制服があるアルバイトで着替えがある場合には、その時間もきちんと考慮しておくという事です。ですが、あまりにも早く行き過ぎてしまうのはかえってよくありません。準備が出来ていないからと言われて、待たされてしまう可能性があります。

そして次に大切なのが挨拶です。挨拶は明るく元気に行い、今日からお世話になりますと、一言挨拶をしておくとよいでしょう。当然ですが、誰がどういった地位の人なのかというのは全く分かりません。ですから、とりあえず会った人には明るく挨拶をしておく事が大切です。そうする事で、少なくとも印象を悪く持たれるという事はありません。ですが、その人が忙しく働いている場合には、無理に引き留めて挨拶をしてしまうとかえって印象が悪くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。相手の手が空いて、挨拶できるタイミングを見計らってからすると良いでしょう。

アルバイト初日は、印象が何よりも大切です。採用担当者に、採用して良かったと思われるマナーを心がけましょう。